後遺障害14級:頚椎捻挫で、賠償額360万円を獲得した事例

女性(30代)
後遺障害14級:頚椎捻挫

1.事故発生

和歌山市在住の女性(30代)が、自動車に同乗していたところ、加害者運転の自動車に追突されました。依頼者は、頚椎捻挫等の傷害を受けました。

 

2.相談・依頼のきっかけ

依頼者は、頚部痛などの後遺症状が残り、相手損害保険に後遺障害申請を任せたところ後遺障害14級9号の認定を受けました。もっとも、示談交渉は弁護士に任せたほうがよいと聞き、当事務所に相談されました。

 

3.当事務所の活動

裁判基準の賠償を受けられるよう、当事務所で積極的に示談交渉を行いました。

 

4.当事務所が関与した結果

裁判までは希望しないとのことでしたので、ご依頼から約1か月で、裁判基準からやや減額した約360万円(既払い金約100万円を除く)での示談がまとまりました。

 

5.解決のポイント(所感)

ご自身で示談交渉をしてしまうと、どうしても裁判基準に比べて安い賠償額になりがちです。専業主婦や兼業主婦の方の場合、特に休業損害や逸失利益について損害保険側の示談提案額が低額なことが多く、弁護士に示談交渉を任せた場合と、大きな差が生じかねません。

示談をまとめてしまう前に、ぜひ弁護士にご相談ください。

 

12級〜14級の最新記事

むちうちの最新記事

PAGE TOP