後遺障害14級:腰椎捻挫で、賠償額250万円を獲得した事例

男性(30代)
後遺障害14級:腰椎捻挫

1.事故発生

和歌山市在住の男性(30代)が、信号待ちで停車中、加害者運転の自動車に追突されました。依頼者は、腰椎捻挫等の傷害を受けました。

 

2.相談・依頼のきっかけ

 依頼者は、腰部痛などの後遺症状が残り、相手損害保険に後遺障害申請を任せたところ後遺障害14級9号の認定を受けました。しかし、示談交渉については弁護士に任せたほうがよいと考え、当事務所に相談されました。

 

3.当事務所の活動

裁判基準の賠償を受けられるよう、当事務所で積極的に示談交渉を行いました。

 

4.当事務所が関与した結果

ご依頼から約1か月で、裁判基準どおり約250万円(既払い金約110万円を除く)での示談がまとまりました。

 

5.解決のポイント(所感)

示談をまとめてしまう前に、弁護士に相談されたのは、よい判断でした。ご自身で示談交渉をしてしまうと、どうしても裁判基準に比べて安い賠償額になりがちです。特に、後遺障害が認定されたときは、弁護士に示談交渉を任せた場合と、大きな差が生じかねません。

示談書にサインする前に、ぜひ弁護士にご相談ください。

 

12級〜14級の最新記事

むちうちの最新記事

PAGE TOP