14級9号:頚椎捻挫で、賠償額350万円から475万円にアップした事例

女性(40代)
14級9号:頚椎捻挫等

1.事故発生

岩出市在住の女性(40代)が、自動車に同乗中、加害者運転の自動車に衝突されました。
依頼者は、頚椎捻挫等の傷害を受けました。

2.相談・依頼のきっかけ

依頼者は、画像上で異常所見は認め難いと認定されたものの、後遺障害14級9号と認定され、相手方損害保険から約350万円(自賠責後遺障害75万円分を含み、既払い金約345万円を除く)の示談提示を受けました。

しかし、症状が重いので、12級の認定を受けるため異議申立したいとのことで、当事務所に相談に来られました。

3.当事務所の活動

当事務所で放射線科医に画像鑑定を依頼したところ、MRI画像上でヘルニア所見が認められるとのことでした。もっとも、主治医からの神経学的な所見が得られませんでした。

結局、異議申立をしましたが、14級9号のままとする後遺障害認定となりました。

そこで、当事務所で、できるだけ14級9号の裁判基準での賠償額を獲得できるよう、積極的に交渉を行いました。

4.当事務所が関与した結果

当初の相手方損害保険の示談提案額は、約350万円(自賠責後遺障害75万円分を含み、既払い金約345万円を除く)でしたが、当事務所の積極的な示談交渉の結果、自賠責後遺障害75万円分の支払いを受けた上で、

残り約400万円(既払い金約345万円を除く)で交渉がまとまりました。

5.解決のポイント(所感)

頚椎捻挫などの神経症状で12級の後遺障害認定を受けるためには、画像上で異常所見が認められるだけではなく、症状を裏付ける一貫した神経学的な所見がないと、厳しいです。

このように、神経症状で12級の認定を受けるのは相当ハードルが高い、という実情があります。

>>>後遺障害についての詳しい説明はこちら
>>>頚椎捻挫(むちうち)についての詳しい説明はこちら

12級〜14級の最新記事

むちうちの最新記事

頚椎・腰椎の障害(頚椎捻挫、腰椎捻挫)の最新記事

PAGE TOP