弁護士比較サイトにはご注意を!

弁護士比較サイト(いわゆるポータルサイト)にご注意ください

弁護士に依頼したいと思われた場合、どのようにして弁護士を探されますか?
お知り合いからの紹介でしょうか。それとも電話帳公告でしょうか。
現在では、やはりインターネット検索で探されることが多いのではないかと思います。

インターネットで「○○市(例えば、和歌山市などの地域名) 弁護士 □□(例えば、交通事故などの依頼分野)」と検索すると、その地域の弁護士自身のホームページだけでなく、弁護士を比較するためのサイト(いわゆるポータルサイト)がいくつも表示されます。

このような弁護士比較サイトには、多くの弁護士が登録されており、また、それぞれの得意分野も表示されたりしますので、一見すると、依頼する弁護士を選ぶのに便利なようにも思えます。

 しかし、ご注意下さい。

実は、弁護士比較サイトを使って依頼する弁護士を選ぶというのは、あまりおすすめできません。

弁護士比較サイトの仕組み

弁護士比較サイトというのは、基本的には、そこに掲載される弁護士からの広告収入で成り立っています。
弁護士比較サイトに弁護士名を掲載してもらうためには、その弁護士が比較サイトの運営会社に広告料を支払うのが一般的であり、さらに、比較サイトの上位に表示してもらうためには、より多くの広告料を支払うという仕組みになっています。

弁護士比較サイトのなかには、中立性を装うためか、無断でその地域の弁護士名を複数掲載しつつも、結局は、広告料を支払った弁護士に問い合わせが行くよう、サイト内で、一部の弁護士の表示を強調したり誘導したりしているものもあります(当事務所のことを無断で掲載している比較サイトもあるようです。)。

ということは、弁護士比較サイトに掲載される弁護士だからといって、その分野について、本当に豊富な知識があるかどうかや、本当に取扱実績数が多いかどうかは、それだけでは分からないのです。

要は、電話帳公告と同じです。
お金を払って掲載されている(あるいは、お金を払って表示が強調されている)だけなのです。

交通事故の損害賠償請求は、適正な後遺障害の認定や損害額の計算など、かなり複雑で専門性の高い分野です。
ですから、本当に豊富な知識があり、本当に取扱実績数が多い弁護士に依頼いただきたいと思います。

なお、交通事故の取扱実績数が多いという点も、注意が必要です。
なかには、加害者側の代理人としての取扱実績と、被害者側の代理人としての取扱実績とを区別せずに、ひとまとめで「交通事故の取扱実績数」として表示している弁護士もいるようです。

失敗しない弁護士選びのために

多数の交通事故の取扱実績を掲載している弁護士に依頼される前に、「それは、全て被害者側の代理人としての取扱実績なのですか。加害者側の代理人としての取扱実績は、そのうち何割くらいあるのですか。」と確認されるとよいでしょう(ちなみに、当事務所の取扱実績は、100%被害者側です。)。

交通事故弁護士コラムの最新記事

PAGE TOP