ムチウチで後遺障害を求める場合の治療期間

page-image_0005交通事故にあった場合,頚椎捻挫や腰椎捻挫など,いわゆるムチウチになることが多いです。

 

事故後,病院できちんと治療を続けていくことで治る方も多いのですが,治療を続けているのになかなか症状がよくならないという方もいらっしゃいます。

 

このような場合,保険会社の担当者から,交通事故から半年もたっていないにもかかわらず,

 

 

「通院を続けるのも大変でしょうから,このへんで症状固定をされて,後遺障害等級認定を求められてはいかがですか。後遺障害等級が認定されれば,逸失利益や後遺障害慰謝料が認められますよ。」

 

などと言って来ることがあるようです。実際,何人かのご相談者様から,そのような話を聞きました。

 

しかし,交通事故コラム2でも書きましたとおり,

 

 

ムチウチで後遺障害等級認定を求める場合には,最低でも半年以上治療を続ける必要があります。

 

 

治療開始から半年たたずに後遺障害等級認定を申請しても,まず認定されることはありません。たいてい非該当となります。  そうなってから保険会社の担当者に文句を言っても,後の祭りです。ですから,

 

 

ムチウチで後遺障害等級認定を求める場合,少なくとも半年以上,きちんと病院で医師の治療を続けてください。回数も重要で,週2回以上は通院してくださいね。

 

 

後遺障害等級認定を求めるのは,それからです。後遺障害等級認定を求めるときは,弁護士にご相談下さい。

 

交通事故弁護士コラムの最新記事

PAGE TOP