14級9号:頚椎捻挫・腰椎捻挫で、賠償額496万円を獲得した事例

女性(30代)
14級9号:頚椎捻挫・腰椎捻挫

1.事故発生

和歌山市在住の女性(30代)が、自動車を運転し中、渋滞で停止していたところ、後続していた加害者運転の自動車に追突されました。依頼者は、頚椎捻挫・腰椎捻挫等の傷害を受けました。

2.相談・依頼のきっかけ

依頼者は、自賠責で後遺障害14級の認定を受け、適正な賠償を受けたいとのことで、当事務所に相談に来られました。

3.当事務所の活動

当初、加害者側損害保険は、独自に主治医に聴き取りをしたとして、逸失利益が生じる期間を短めに主張してきましたが、当事務所では、できるだけ裁判基準での賠償額を獲得できるよう、積極的に交渉を行いました。

4.当事務所が関与した結果

依頼者が裁判までは望まれず早期解決をしたいとのご意向でしたので、裁判基準より若干譲歩した約496万円(既払い金約200万円を含む)で交渉がまとまりました。 

5.解決のポイント(所感)

加害者側損害保険が独自に医療調査することもあり、そういう場合は強気な主張をしてくることがあります。とはいえ、あくまで加害者側の医療調査ですから、その結果が適正かどうか、裁判で通用するものかどうかは、慎重に見極める必要があります。

12級〜14級の最新記事

頚椎・腰椎の障害(頚椎捻挫、腰椎捻挫)の最新記事

PAGE TOP