併合11級:肩関節の可動域制限・肋骨の変形で、賠償額344万円から731万円にアップした事例

男性(60代)
併合11級:肩関節の可動域制限・肋骨の変形

 

1.事故発生

和歌山市在住の男性(60代)が、単車を運転して信号機のない交差点を直進中、交差する狭路から直進してきた加害者運転の自動車と衝突しました。依頼者は、肋骨骨折等の傷害を受けました。

 

2.相談・依頼のきっかけ

依頼者は、肩関節の可動域制限と肋骨の変形で、併合11級の後遺障害認定を受けました。

 

3.当事務所の活動

当事務所では、できるだけ裁判基準での賠償額を獲得できるよう、積極的に示談交渉をいたしました。これに対し、加害者側の損害保険は、依頼者の給与が減額されていないとか、依頼者の年齢からして今後の稼動期間が短いなどと主張して、逸失利益額を激しく争ってきました。

 

4.当事務所が関与した結果

依頼者が裁判まではしたくないとの希望でしたので、依頼者の納得できるぎりぎりのところで示談をまとめることとし、結局、賠償額約731万円(既払い金を除く)で示談がまとまりました。  

 

5.解決のポイント(所感)

給与が減額されていない場合の逸失利益額は、ときどき争いになりますが、裁判では、実際の減額がなくても相当程度の逸失利益が認められることが多いようです。

 

そのため、当事務所としては、できれば裁判をして更なる増額を目指したいところでしたが、依頼者のご意向が第一ですので、早期解決を優先させ、示談解決となりました。

 

9級〜11級の最新記事

上肢(肩・肘・手首・手指)の最新記事

PAGE TOP