非該当:腰部捻挫等で、賠償額が36万円から50万円にアップした事例

男性(70代)
非該当:腰部捻挫等

1.事故発生

和歌山市在住の男性(70代)が、道路脇で立っていたところ、前をよく見ていなかった加害者運転の単車に衝突されました。依頼者は転倒し、腰部捻挫等の傷害を受けました。

2.相談・依頼のきっかけ

依頼者は、相手方損害保険から、既払い金を除く賠償額を約36万円とする示談提案を受けましたが、相手方損害保険の対応に納得できないとのことで、当事務所に相談されました。

3.当事務所の活動

当事務所で、相手方損害保険からの示談提案を検討したところ、裁判基準では約50万円が妥当なものでした。そこで、傷害部分について適正な損害賠償を得られるよう、活動しました。

4.当事務所が関与した結果

相手方損害保険は、「示談交渉では、40万円が限度」とのことでした。余りにも提示額が悪いため、依頼者と相談して裁判を起こしたところ、直ちに相手方損害保険より連絡があり、「請求金額どおりでよいので示談したい」とのことでした。そのため、請求金額どおりの50万円余りで示談し、裁判を取下げました。  

5.解決のポイント(所感)

裁判になると、加害者側に損害保険側弁護士がついて自分に都合のよい主張をしてきますし、裁判対応に精神的な負担も伴います。また、判決までは時間もかかりますし、結論が裁判官次第になるというリスクが生じます。このケースでは相手方損害保険の示談提示額が余りにも悪かったので、弁護士費用特約を使って裁判に踏み込みましたが、裁判を起こすかどうかはケースごとに慎重に検討する必要があります。

頚椎・腰椎の障害(頚椎捻挫、腰椎捻挫)の最新記事

PAGE TOP