後遺障害14級:頚部捻挫で、賠償額300万円を獲得した事例

女性(40代)
後遺障害14級:頚椎捻挫(むちうち)

1.事故発生

和歌山市在住の女性(40代)が、自動車を運転して信号待ちで停車中、加害者運転の自動車に追突されました。依頼者は、頚椎捻挫等の傷害を受けました。

2.相談・依頼のきっかけ

依頼者は、加害者側の損害保険の対応に不信感を持ち,当事務所弁護士の交通事故セミナーに来られました。その後,後遺症状が残ったことから,いわゆる被害者請求の方法で後遺障害認定を申請し,14級9号の後遺障害認定を受けました。

3.当事務所の活動

当事務所では、できるだけ裁判基準での賠償額を獲得できるよう、積極的に示談交渉をいたしました。

4.当事務所が関与した結果

交渉開始後、ひと月余りの時間を要しましたが,当事務所の請求額どおりの賠償額約300万円(既払い金を含むと約434万円)とする示談がまとまりました。  

5.解決のポイント(所感)

依頼者は、治療途中にもかかわらず,加害者側の損害保険から治療打切りを盛んに求められましたが,医師と相談のうえ事故後半年間リハビリに努力されました。もし,半年も経たずに途中で治療を打ち切っていたら,後遺障害は認定されなかったかもしれません。「交通事故セミナーを受けていなかったら,加害者側の損害保険の求めに応じて,途中で治療を打ち切っていたかも知れません。セミナーを受けていて本当によかった。」とおっしゃられました。

12級〜14級の最新記事

むちうちの最新記事

頚椎・腰椎の障害(頚椎捻挫、腰椎捻挫)の最新記事

PAGE TOP