14級9号:骨折後の知覚異常で、賠償額が130万円から325万円にアップした事例

女性(50代)
頚椎捻挫・腰椎挫傷

1.事故発生

紀の川市在住の女性(50代)が、自動車を運転し、信号機のない交差点を低速で直進しようとしていたところ、横から一時停止規制を無視して進入してきた加害者運転の自動車に衝突されました。依頼者は、右脛骨近位不全骨折等の傷害を受け、知覚障害が残りました。

2.相談・依頼のきっかけ

依頼者は、14級9号の後遺障害認定を受けたものの、相手方損害保険側の弁護士から賠償額を130万円(既払い金を除く)とする示談提案を受けました。しかし、示談提案額が低いのではないかとのことで、依頼者の加入している損害保険の代理店さんからのご紹介で、当事務所に相談されました。

3.当事務所の活動

当事務所で検討したところ、相手方損害保険側の弁護士からの示談提案額は、裁判基準をかなり下回るものでしたそこで、できるだけ裁判基準での賠償を獲得できるよう、積極的に示談交渉をすすめました。

4.当事務所が関与した結果

裁判基準に近い、賠償額を325万円(既払い金を除く)とする示談が成立し、195万円の増額を実現しました。

5.解決のポイント(所感)

示談交渉をしていますと、相手方損害保険の担当者からの示談提案ではなく、相手方損害保険側の弁護士から示談提案を受けることがあります。
しかし、弁護士からの示談提案だからといって、妥当な金額とは限りません。あくまでも、「相手側」の弁護士だからです。示談書にサインする前に、「あなた側」で考えてくれる弁護士にご相談されることをお勧めします。

12級〜14級の最新記事

頚椎・腰椎の障害(頚椎捻挫、腰椎捻挫)の最新記事

PAGE TOP