14級9号:腰部捻挫で、賠償額が83万円から250万円にアップした事例

男性(40代)
頚椎捻挫・腰椎挫傷

1.事故発生

有田市在住の男性(40代)が、自動車を運転し、渋滞で停止していたところ、加害者運転の自動車に追突されました。依頼者は、頚椎捻挫等の傷害を受けました。

2.相談・依頼のきっかけ

依頼者は、14級9号の後遺障害認定を受けたものの、相手方損害保険から賠償額を約83万円(既払い金を含むと237万円)とする示談提案を受けましたが、納得できないとして当事務所に相談されました。

3.当事務所の活動

当事務所で検討したところ、相手方損害保険からの示談提案額は、裁判基準をかなり下回るものでしたそこで、できるだけ裁判基準での賠償を獲得できるよう、積極的に示談交渉をすすめました。

4.当事務所が関与した結果

裁判基準に近い、賠償額を約250万円(既払い金を含むと404万円)とする示談が成立し、約167万円の増額を実現しました。

5.解決のポイント(所感)

依頼者は、時間や労力をかけて裁判までしたくないとのことでしたので、裁判基準に近い額で示談することになりました。裁判になると、それなりに時間や労力が掛かりますので、裁判基準満額を求めて裁判をするか、裁判基準に近いところで示談をするかというのは、柔軟に判断したいところです。

12級〜14級の最新記事

頚椎・腰椎の障害(頚椎捻挫、腰椎捻挫)の最新記事

PAGE TOP