14級9号:自賠責の認定を不服として裁判を行い、賠償額が200万円から380万円にアップした事例

女性(60代)
頚椎捻挫・腰椎挫傷

1.事故発生

和歌山市在住の女性(60代)が、原動機付自転車を運転し、交差点を直進していたところ、横から進入してきた加害者運転の自動車に衝突されました。依頼者は、右上腕骨骨折等の傷害を受け、右腕が上がらなくなったほか、右肩の痛みという神経症状などの後遺症状が残りました。

2.相談・依頼のきっかけ

依頼者は、当初、事前認定手続で後遺障害認定申請をしたところ、神経症状で14級9号の後遺障害14級9号の認定を受けましたが、右腕が上がらなくなったことについては後遺障害非該当とされました。
そこで、依頼者は、交通事故をホームページで宣伝している他府県の弁護士に依頼し、異議申立を2回してもらいましたが、結果は2回とも非該当でした。相手側損害保険から後遺障害14級9号としての裁判基準を若干上回る200万円(既払い金を除く)の示談提案を受けましたが、その他府県の弁護士から「これ以上は力になれない」と言われたとのことで、当事務所に相談されました。

3.当事務所の活動

当事務所で検討したところ、事前認定手続で最初に提出した後遺障害診断書に、左腕の既往症の記載がもれていたことから、これ以上、自賠責手続上で異議申立を繰り返しても結果は覆らないものと見込まれました。 しかし、裁判で積極的に左腕の既往症を証明すれば、右腕が上がらなくなったことについて後遺障害12級6号にみあう損害賠償が獲得できる可能性が十分あるものと考えられました。そこで、自賠責の認定を覆すため、裁判を提起しました。

4.当事務所が関与した結果

裁判官から和解勧告があり、12級6号にみあう損害賠償には届きませんが、自賠責の認定した14級9号としての裁判基準額を大幅に上回る380万円(既払い金を除く)での和解が成立し、180万円の増額を実現しました。

5.解決のポイント(所感)

いわゆる事前認定の方法は、相手方損害保険に後遺障害診断書を提出すれば、あとは相手方損害保険が全て手続をしてくれますので、簡単です。とはいえ、お医者様は治療のプロですが、後遺障害診断書の書き方になれている方ばかりではないですから、実際の症状が正しく記載されていないような後遺障害診断書というのも、まま見かけるところです。
しかし、そのような後遺障害診断書が、一旦、自賠責に提出されてしまうと、後遺障害等級が正しく認定されないことがあます。しかも、自賠責手続上で認定結果をあとから覆すのも大変困難になります。ですから、できれば後遺障害認定手続は、被害者請求の方法をとられることをお勧めします。 ところで、本件では和解をせずに判決まで頑張れば、12級6号にみあう損害賠償が十分狙えたのではないかと考えていますが、このあたりで争いを収めたいとの依頼者のご意向に沿い、裁判官からの和解勧告を受諾いたしました。

12級〜14級の最新記事

頚椎・腰椎の障害(頚椎捻挫、腰椎捻挫)の最新記事

PAGE TOP