非該当:環指開放骨折・環指伸筋腱断裂等で、賠償額が56万円から109万円にアップした事例

男性(10代)
非該当:環指開放骨折・環指伸筋腱断裂等

1.事故発生

和歌山市在住の男性(10代)が、自動車で直進中、前方の障害物を避けようとやや中央に寄ったところ、加害者運転の自動車に追突されました。依頼者は、右環指開放骨折・環指伸筋腱断裂頚椎捻挫等の傷害を受けました。

2.相談・依頼のきっかけ

依頼者は、右指の可動域制限の後遺障害が残っているのではないかとのことで、当事務所に相談されました。

3.当事務所の活動

当事務所で実際に指を曲げてみてもらったところ、幸いなことに、依頼者の右指の可動域制限はかなり回復してきており、後遺障害の認定基準よりも動くようになっていました。そこで、傷害部分について適正な損害賠償を得られるよう、示談交渉を行いました。

4.当事務所が関与した結果

当事務所に相談される前に、相手方損保会社から示談金額56万円(既払い額を除く)を提示されていましたが、示談交渉の結果、概ね裁判基準程度の賠償金109万円(既払い額を除く)を獲得することができました。

5.解決のポイント(所感)

若い方の回復力はすごいものがあるな、と思いました。できるだけ後遺障害が残らないようにするために、やはりリハビリは大切ですね。

上肢(肩・肘・手首・手指)の最新記事

PAGE TOP