非該当:肩関節捻挫等で、賠償額が56万円から92万円にアップした事例

1.事故発生

茨城県の大学に通う男性が、自転車で直進中、前方の電信柱を避けようと僅かに右側によったところ、後方から直進してきた加害者運転の自動車に衝突されてしまいました。依頼者は、右肩関節捻挫、左膝関節捻挫、右足関節捻挫等の傷害を受けました。

2.相談・依頼のきっかけ

依頼者は、治療後も痛みが残り、事前認定で後遺障害認定を求めましたが、非該当でした。そこで、異議申立できないかとのことで、当事務所に相談されました。

3.当事務所の活動

依頼者は整形外科への通院実日数が少なく、 認定結果通知書では、治療経過に鑑み非該当とされていましたので、異議申立しても、非該当認定を覆すのは困難であると思われました。そこで、せめて裁判基準程度の適正な損害賠償を得られるよう、示談交渉を行いました。

4.当事務所が関与した結果

相手方損保会社から提示された示談金額は56万円(既払い額を除く)でしたが、示談交渉の結果、賠償金92万円(既払い額を除く)を獲得することができました。

5.解決のポイント(所感)

痛みやシビレなどの神経症状で後遺障害認定を求めるのであれば、通院日数も考慮されてしまいますので、まめに整形外科に通ってリハビリを受けるべきです。整形外科への通院日数が少ないと、程度によりますが、後遺障害認定を受けることが難しくなってしまいます。

上肢(肩・肘・手首・手指)の最新記事

PAGE TOP