非該当:頚椎捻挫で、賠償額が60万円から103万円にアップした事例

1.事故発生

和歌山市在住の男性が、駐車場で停車中、加害者運転の自動車にかなりの速度で衝突されてしまいました。依頼者は、頚椎捻挫等の傷害を受けました。

2.相談・依頼のきっかけ

依頼者は、頚椎捻挫は治癒し、相手方保険会社から示談提示を受けましたが、適正な示談金を知りたいとのことで、当事務所に相談されました。

3.当事務所の活動

相手方損保会社から提示された示談金額は60万円(既払い額を除く)は、通院慰謝料が裁判基準よりもかなり下回っていました。そこで、裁判基準程度の適正な損害賠償を得られるよう、示談交渉を行いました。

4.当事務所が関与した結果

一般的な裁判基準に近い、賠償金103万円(既払い額を除く)を獲得することができました。

5.解決のポイント(所感)

相談者は弁護士費用特約が利用できましたので、自己負担なく弁護士に依頼することができました。後遺障害がない場合には、賠償額がそれほど大きくはなりませんので、弁護士に依頼されるかどうかは、費用効果を考える必要がありますが、弁護士費用特約があれば安心です。

頚椎・腰椎の障害(頚椎捻挫、腰椎捻挫)の最新記事

PAGE TOP