後遺障害14級9号:頚椎捻挫・腰椎捻挫で、賠償額が141万円から330万円に増額した事例

1.事故発生

和歌山市在住の女性(40代)が自動車で信号機のない交差点を走行していたところ、加害者運転の自動車が一時停止を無視して左方から交差点に進入してきて衝突しました。依頼者は、肋骨骨折・頚椎捻挫・腰椎捻挫等の傷害を受けました。

2.相談・依頼のきっかけ

依頼者は、頚椎捻挫・腰椎捻挫で後遺障害14級9号の認定を受けましたが、可動域制限で後遺障害が非該当になったことに納得できないとのことでした。また、相手方保険会社の示談提示額に納得できないとのことで、当事務所に相談されました。

3.当事務所の活動

当事務所で検討したところ、可動域制限で後遺障害を獲得するのは困難だと思われました。そこで、裁判基準に基づく適正な損害賠償獲得を目指して、示談交渉を行いました。

4.当事務所が関与した結果

当事務所が受任する前に、相手方保険会社が依頼者に提示した額は、141万円(既払い金を除き、過失割合1割を控除した額)で、明らかに少ないものでした。そこで、当事務所で積極的に示談交渉し、 330万円(既払い金を除き、過失割合1割を控除した額)で示談することができました。

5.解決のポイント(所感)

弁護士が示談交渉を行うことで、かなりの増額(141万円→330万円)ができた見本のような事例です。当事務所でなくても構いませんので、交通事故の示談交渉は、経験のある弁護士にご相談下さい。

12級〜14級の最新記事

頚椎・腰椎の障害(頚椎捻挫、腰椎捻挫)の最新記事

PAGE TOP