14級9号:頚椎捻挫で、賠償額が318万円から444万円にアップした事例

1.事故発生

和歌山市在住の男性(50代)が自動車を運転し、信号待ちで停止していたところ、加害者運転の自動車に後ろから追突されました。依頼者は、頚椎捻挫等の傷害を受けました。

2.相談・依頼のきっかけ

依頼者は後遺障害14級9号の認定を受け、相手方保険会社から示談提案がありましたが、適正な額かどうか分からないとのことで、当事務所に相談されました。

3.当事務所の活動

依頼者は、裁判までは望まないとのことでしたので、当事務所としては、できる限り裁判基準に基づく適正な損害賠償を得られるよう、示談提案を行いました。

4.当事務所が関与した結果

相手方保険会社の示談提案額318万円(治療費等の既払い金を含む)は、かなり低い額でしたので、積極的に示談交渉を行い、裁判基準を若干減額した444万円(既払い金を含む)を獲得することができました。

5.解決のポイント(所感)

相手方保険会社は、大手の中でも支払いが渋めの傾向のある会社で、なかなか裁判基準での示談は難しい傾向にある会社でした。裁判をすると解決までにある程度の時間がかかるのは事実であり、依頼者としては裁判までは望まないとのことでしたので、裁判基準を若干減額したところで示談となりました。示談解決をする場合には、裁判基準を目指しつつも、柔軟に対応することになります。

12級〜14級の最新記事

頚椎・腰椎の障害(頚椎捻挫、腰椎捻挫)の最新記事

PAGE TOP