非該当:大腿骨頚部骨折で、賠償額が152万円から190万円にアップした事例

1.事故発生

和歌山市在住の40代の女性がバイクを運転して、直進していたところ、加害者運転の自動車が左折してきて巻き込まれました。依頼者は、右大腿骨頚部骨折等の傷害を受けました。

2.相談・依頼のきっかけ

依頼者は、骨折自体は治癒したものの、痛みが残っていました。そこで、相手方保険会社に後遺障害認定を任せた結果、非該当となり、ご自身で異議申立をされましたが、やはり非該当となり、当事務所に相談されました。

3.当事務所の活動

当事務所で検討したところ、今から後遺障害認定を得るのは難しい状態でした。もっとも、相手方保険会社の提案額約152万円が低額だったことから、適正な賠償を得られるよう、示談交渉を行いました。

4.当事務所が関与した結果

入通院慰謝料等の増額を認めてもらうことができ、190万円(治療費等の既払い金を除く)の賠償を獲得することができました。

5.解決のポイント(所感)

お怪我の程度が重く、当初からご相談いただいていれば、場合によっては後遺障害の認定を狙えたかもしれません。交通事故では、早めにご相談いただくことが大切です。

下肢(股関節、膝、足首、足指)の最新記事

PAGE TOP