14級9号:頚椎捻挫、腰椎捻挫で、賠償額437万円を獲得した事例

男性(50代)
後遺障害14級:頚椎捻挫、腰椎捻挫

1.事故発生

岩出市在住の男性(50代)が自転車で走行いたところ、加害者運転の自動車が突然バックしてきて衝突しました。依頼者は、頚椎捻挫・腰椎捻挫・両肘捻挫等の傷害を受けました。

2.相談・依頼のきっかけ

依頼者は後遺障害14級9号の認定を受け、適正な額での示談をするため、当事務所に相談されました。

3.当事務所の活動

当事務所としては、裁判基準に基づく適正な損害賠償獲得を目指して、示談交渉を行いました。

4.当事務所が関与した結果

相手方保険会社と積極的に示談交渉を行いました。依頼者としても裁判まではしたくないとのご意向であり、仮に裁判をした場合に予想される賠償額よりもわずかに低い額ですが、納得できる金額である約225万円(治療費等の既払い金を除く)で、交渉開始から1か月以内に示談することができました。

5.解決のポイント(所感)

裁判までした場合、相手方保険会社側も弁護士を立てて争ってきますので、裁判をするかどうかは、どこまで迅速な解決を求めるか、どこまで賠償額の獲得を求めるか、などを慎重に検討する必要があります。

12級〜14級の最新記事

頚椎・腰椎の障害(頚椎捻挫、腰椎捻挫)の最新記事

PAGE TOP