後遺障害14級9号:頚椎捻挫で、賠償額356万円を獲得した事例

男性(50代)
頚椎捻挫

1.事故発生

海南市在住の男性(50代)が普通貨物自動車を運転し、高速道路本線を進行していたところ、側道から進入してきたトラックに接触されました。依頼者は、頚椎捻挫等の傷害を受けました。

2.相談・依頼のきっかけ

依頼者は治療を続けていましたが、相手方保険会社が、事故から6ヶ月未満であるにもかかわらず、一方的に症状固定であると主張して治療費の立替払いを打ち切りました。そこで、依頼者は、労災保険に切り替えて治療を続け、14級9号の後遺障害認定を受けました。依頼者は、相手方保険会社と絶縁状態にあったため、当事務所に相談されました。

3.当事務所の活動

当事務所としては、裁判基準に基づく適正な損害賠償を得られるよう、示談提案を行いました。しかし、保険会社は、治療費の立替払いを打ち切った時点で症状固定であると強固に主張し、裁判基準を大きく下回る約252万円(既払い金を含む)の提示額に固執し、これ以上では絶対に示談に応じないとのことでした。

4.当事務所が関与した結果

依頼者と協議し、裁判をすることにしました。証拠を集め、訴状を作成し、いまや訴訟提起をしようという段階で、念のため事前連絡をしました。すると、相手方保険会社は、担当者が交代したとのことで、できれば裁判を避けてもらいたいとのことでした。
そこで、鋭意交渉し、裁判基準よりも若干低い額ですが、賠償金約373万円(既払い金を含む)を獲得することができました。

5.解決のポイント(所感)

相手方保険会社の担当者によって示談交渉の対応が変わるというのはままあることですが、今回のように劇的に変わるのは珍しいように思われます。

12級〜14級の最新記事

頚椎・腰椎の障害(頚椎捻挫、腰椎捻挫)の最新記事

PAGE TOP