後遺障害14級9号:胸骨骨折後の前胸部痛で、賠償額が434万円から580万円へアップした事例

女性(60代)
肋骨骨折・頚椎捻挫

1.事故発生

紀の川市在住の女性(60代)が自動車を運転していたところ、加害者運転の対向車が突然センターラインをオーバーしてきて、衝突しました。依頼者は、胸骨骨折、頚椎捻挫等の傷害を受けました。

2.相談・依頼のきっかけ

依頼者は、事前認定により後遺障害14級9号の認定を受け、相手方損害保険会社から約434万円(既払い金を含む)の示談提示額を受けましたが、納得できないとのことで、当事務所に相談されました。

3.当事務所の活動

 相手方損害保険会社からの提示額はかなり低額で、裁判基準と比較して相当低い額での提示でした。当事務所としては、裁判基準に基づく適正な損害賠償を得られるよう、示談提案を行いました。
 しかし、相手方損害保険会社は、多少増額しつつも、裁判基準より約100万程度少ない約503万円(既払い金を含む)の再提案をし、これ以上は示談では応じられないと、頑なな態度でした。
 依頼者としては裁判まではしたくないが、この額では納得できないとのことでした。そこで、弁護士会の裁判外紛争解決手続(ADR)を申立てました。

4.当事務所が関与した結果

依頼者が早期解決を優先され、裁判基準よりもやや低い額ですが、賠償金約580万円(既払い金を含む)を獲得することができました。

5.解決のポイント(所感)

手方損害保険会社は業界大手の会社でしたが、なぜか、裁判基準より相当少ない示談金額にこだわりました。 このような場合には、今回のように、裁判外紛争解決手続(ADR)を申立て、第三者に間に入ってもらって交渉を進めるのも一つの方法です。

12級〜14級の最新記事

頚椎・腰椎の障害(頚椎捻挫、腰椎捻挫)の最新記事

PAGE TOP