後遺障害14級9号:頚部捻挫で、賠償額370万円を獲得した事例

女性(40代)
頚部捻挫

1.事故発生

紀の川市在住の40代の女性が自動車を運転し、前方を走っていたトラックが停止したので、続けて停止していたていたところ、前方のトラックが急にバックしてきて前から衝突されました。依頼者は、頚部捻挫等の傷害を受けました。

2.相談・依頼のきっかけ

依頼者は、積極的に治療を続けたものの、ムチウチの症状がなかなか治らず、医師の治療にも疑問があるとのことで、当事務所に相談されました。

3.当事務所の活動

依頼者のお話によると、治療中の医師が後遺障害の等級認定に全く理解がないようでした。幸い、セカンドオピニオン的に他の病院にも通われていましたので、その病院の医師に後遺障害診断書の作成を依頼するなどして、後遺障害14級9号の認定を受けることができました。

4.当事務所が関与した結果

当事務所で交渉した結果、裁判基準どおりの賠償金約370万円(既払い治療費・自賠責被害者請求分を除く)での示談がまとまりました。

5.解決のポイント(所感)

残念なことに、全てのお医者様が後遺障害の等級認定に理解をもっておられるわけではありません。治療の結果、完治すればよいのですが、万一、後遺障害が残ったときに、適切な損害賠償が受けられないことになってしまう可能性もあります。必要に応じてですが、セカンドオピニオンを求めることを検討してもいいでしょう。

頚椎・腰椎の障害(頚椎捻挫、腰椎捻挫)の最新記事

PAGE TOP