後遺障害非該当:頚椎捻挫で、賠償額40万円を獲得した事例

男性
頚椎捻挫

1.事故発生

和歌山市在住の男性が自動車を運転していたところ、後ろから追突されました。依頼者は、頚椎捻挫等の傷害を受けました。

2.相談・依頼のきっかけ

依頼者は、相手方保険会社から治療費支払いの打ち切りを打診されましたが、まだシビレなどの症状が残っていたため、当事務所に相談されました。

3.当事務所の活動

当事務所は、相手方保険会社と交渉し、もう一月分の治療費支払いを認めてもらいました。その後、傷害部分について、裁判基準に基づく適正な損害賠償を得られるよう、示談交渉を行いました。

4.当事務所が関与した結果

示談交渉開始から約2週間で、ほぼ裁判基準どおりの賠償金約40万円(既払い治療費を除く)とする示談がまとまり、早期解決することができました。

5.解決のポイント(所感)

この方は、事故後6ヶ月経過後もシビレなどの症状が残っていたのですが、通院日数が少なく、後遺障害認定は諦めざるを得ませんでした。他覚症状のないムチウチの場合、6ヶ月以上病院にこまめに通院して治療を続けていないと、後遺障害認定が難しくなってしまいます。症状が重くて後遺障害が残ってしまいそうなときは、お気をつけください。

頚椎・腰椎の障害(頚椎捻挫、腰椎捻挫)の最新記事

PAGE TOP