頚椎捻挫(通院実日数約10日)で、賠償額が7万円から17万円へアップした事例

男性
頚椎捻挫(通院実日数10日)

1.事故発生

日高郡在住の男性が自動車に同乗し、右折信号待ちで停止していたところ、後ろから直進してきたトラックに接触されました。依頼者は、頚椎捻挫等の傷害を受けました。

2.相談・依頼のきっかけ

依頼者は、怪我の程度が軽く、通院実日数約10日で、症状は治りました。相手方損保会社から示談提示額を受けましたが、示談する前に弁護士に相談しようと、当事務所に相談されました。

3.当事務所の活動

保険会社からの提示額は約7万円(既払い治療費を除く)でしたが、裁判基準と比較して半額くらいの提示額でした。当事務所としては、裁判基準に基づく適正な損害賠償を得られるよう、示談交渉を行いました。

4.当事務所が関与した結果

依頼者が早期解決を優先され、裁判基準よりもわずかに低い額ですが、賠償金約17万円(既払い治療費を除く)を獲得することができました。

5.解決のポイント(所感)

この方は、弁護士費用特約に加入していなかったのですが、運転者と一緒に依頼されたことから、弁護士費用を減額させていただきました。しかし、一般的には、通院期間が短い場合、弁護士費用特約に加入していないと、費用の点で弁護士に依頼するメリットがなくなってしまいます。自動車保険には弁護士費用特約を付けられることをお勧めします。

頚椎・腰椎の障害(頚椎捻挫、腰椎捻挫)の最新記事

PAGE TOP