後遺障害非該当:頚椎捻挫で、賠償額が74万円から160万円へアップした事例

女性
非該当:頚椎捻挫

1.事件発生

日高郡在住の女性が自動車を運転し、右折信号待ちで停止していたところ、後ろから直進してきたトラックに接触されました。依頼者は、頚椎捻挫等の傷害を受けました。

2.相談・依頼のきっかけ

依頼者は、後頚部の鈍痛が残っていましたが、通院日数が足りないため、後遺障害認定は受けないことにし、傷害部分だけで示談することにして、相手方損保会社から示談提示額を受けました。しかし、示談する前に弁護士に相談しようと、当事務所に相談されました。

3.当事務所の活動

保険会社からの提示額は約74万円(既払い治療費を除く)であり、主婦としての休業損害がかなり低額で、裁判基準と比較して相当低い額での提示でした。当事務所としては、裁判基準に基づく適正な損害賠償を得られるよう、示談交渉を行いました。

4.当事務所が関与した結果

依頼者が早期解決を優先され、裁判基準よりもやや低い額ですが、賠償金約160万円(既払い治療費を除く)を獲得することができました。

5.解決のポイント(所感)

保険会社からの提示額は、主婦としての休業損害を低額に見積もってくることが多く、ひどいときには、主婦としての休業損害をゼロに見積もってくることもあります。主婦であってもケガの治療中は十分な家事労働ができないわけですから、休業損害をしっかり主張していくことが大切です。

初回無料相談実施中!

交通事故に関わるご相談は当事務所にお任せ下さい。

親切丁寧にご相談に対応させていただきますので、

まずは無料相談をご利用ください。

お電話でのご予約は073-433-0027までお気軽にご相談ください。

ご相談から解決までの流れについて詳しくはこちら>>

page-image_0003
和歌山で交通事故のことなら田邊和喜法律事務所までお気軽にご相談下さい 073-433-0027

 

頚椎・腰椎の障害(頚椎捻挫、腰椎捻挫)の最新記事

PAGE TOP