14級9号:頚部捻挫(むちうち14級)で、賠償額が180万円から300万円へアップした事例

女性(40代)
頚部捻挫(むちうち14級)

1.事故発生

40代の女性兼業主婦(パート)が、交差点を自動車で直進中、赤信号を見落として右折進行しようと右側道路から交差点に進入してきた車両に衝突されるという交通事故に遭い、頸椎捻挫、腰椎捻挫の診断を受けました。

2.相談・依頼のきっかけ

後遺障害14級認定後、自分で相手方損保会社と交渉してみたが、損保会社の示談提示額に納得できないとのことで依頼されました。

3.当事務所の活動

相手方からの提示額約180万円(既払い金約135万円除く)を精査したところ、通常のムチウチ14級に相当する裁判基準と比較しても明らかに低額の提示でした。当事務所としては、裁判基準に基づく適正な損害賠償を得られるよう、粘り強く示談交渉を行いました。

4.当事務所が関与した結果

その結果、慰謝料110万円(裁判基準)、労働能力喪失率5%(裁判基準)、労働能力喪失期間5年など、概ね裁判基準どおりの賠償金約300万円(既払い金を除く)を獲得することができました。

5.解決のポイント(所感)

この方については、裁判までは望まないとのことでしたので、粘り強い示談交渉を心掛け、概ね裁判基準に近い解決をすることができ、大変満足してもらうことできました。

12級〜14級の最新記事

むちうちの最新記事

頚椎・腰椎の障害(頚椎捻挫、腰椎捻挫)の最新記事

PAGE TOP