後遺障害14級:賠償額0円から70万円へアップした事例

男性(40代)
後遺障害14級:頚背部痛(むちうち)

【解決】

交差点の信号待ちで自動車を停止中のところ、後方からトラックに追突されたという事故です。
ご相談者は、症状固定後、後遺障害等級認定を受ける前、ご本人で交渉し、傷害部分のみ先に示談を済ませていました。
その後、後遺障害14級の認定を受け、自賠責から75万円の支払いを受け、不足分を損害保険会社に請求したところ、損害保険会社からは「あなたは既に自賠責から75万円の支払いを受けているのだから、それ以外には一切支払えない」と言われたということでした。
そのため、ご依頼を受け、護士が裁判基準で損害額を計算した結果、既払額を除いて、概ね96万円程度が妥当なのではないかと思われました。示談交渉の結果、当初、損害保険会社は相当渋っていましたが、最終的には、損害保険会社から約70万円(既払額を除く額)で示談に至りました。
裁判をした場合、これ以上の判決を貰える可能性は十分ありましたが、ご相談者が裁判を望まず、早期解決を希望されたことから、この額で示談することにし、解決しました。

12級〜14級の最新記事

むちうちの最新記事

頚椎・腰椎の障害(頚椎捻挫、腰椎捻挫)の最新記事

PAGE TOP