後遺障害14級:賠償額399万円から603万円へアップした事例

男性(40代)
後遺障害14級:頚椎捻挫(むちうち)

【解決】

自動車に乗っていたところ、後方からトラックに追突されたという事故です。
当初、ご本人で交渉していましたが、損害保険会社から約399万円(既払額約173万円を含む額)という低額の示談提案があり、納得できないということで、ご相談を受けました。
ご相談者は、自営業をされていましたが、確定申告が正確になされておらず、また裏付資料がないことから、交通事故前年度の正確な所得の立証が困難に思われました。そこで、休業中にかかった固定経費等、合理的な範囲で損害額を積算し、示談交渉にあたりました。
最終的には、損害保険会社から約603万円(既払額を含む額)の示談提案がありました。裁判をした場合、立証具合によっては、これ以上の判決を貰える可能性もありましたが、反対に、これ未満の判決になってしまう可能性もあったことや、ご相談者が早期解決を希望されたことなどから、この額で示談することにし、解決しました。

12級〜14級の最新記事

むちうちの最新記事

頚椎・腰椎の障害(頚椎捻挫、腰椎捻挫)の最新記事

PAGE TOP