後遺障害14級:賠償額264万円から400万円へアップした事例

女性(40代)
後遺障害14級:頚部痛(むちうち)

【解決】

自動車を運転し、渋滞中のところ、後方から自動車で追突されたという事故です。
当初、損害保険会社から約264万円(既払額約81万円を含む額)の示談提案があり、ご本人で交渉していましたが、損害保険会社からは「約281万円(既払額を含む額)が精一杯であり、これ以上は支払えない」と言われたということでした。そのため、ご本人での交渉に限界を感じられたということで、ご相談を受けました。
弁護士が裁判基準で損害額を計算した結果、概ね405万円程度(既払額を含む額)が妥当なのではないかと思われました。示談交渉の結果、概ね裁判基準どおりの約400万円(既払額を含む額)で和解できました。弁護士受任から示談成立まで約10日の超スピード解決となりました。
(弁護士のコメント:いつも、このようなスピード解決ができればよいのですが、相手のあることですので、普通は、なかなかこうはいきません。損害保険会社や担当者によっては、かなり時間がかかってしまいます。)

12級〜14級の最新記事

頚椎・腰椎の障害(頚椎捻挫、腰椎捻挫)の最新記事

PAGE TOP