後遺障害なし:賠償額62万円から83万円にアップした事例

男性(30代)
後遺障害なし、右肩打撲挫傷、両足関節挫傷

【解決】

加害者側が自動車で左折する際に、被害者側の原付を巻き込んだという交通事故 です。幸い、後遺障害が残ることなく治癒されました。
当初、依頼者は、ご自身 で加害者側保険会社と示談交渉を行っていましたが、一般的な裁判基準をご存じ なかったことから、これを相当上回る示談提示額を主張し、また、過失相殺分ゼ ロを主張していました。
そうしたところ、加害者側損害保険会社が弁護士を付 け、かなり厳しい示談額62万円(既払額を含み、過失相殺分5%を除いた額) を提示してきたため、当事務所に相談されました。
弁護士がご依頼を受け、一般 的な裁判基準による示談額を説明し、また、今回の交通事故では過失相殺分5% はやむを得ないことを説明して、依頼者に納得いただき、その内容で示談交渉しました。
そうしたところ、加害者側弁護士も早期解決を希望され、結局、当方の 示談提示額どおりの83万円(既払額を含み、過失相殺分5%を除いた額)で示 談がまとまり、無事解決となりました。
なお、依頼者は、弁護士費用特約をつけ ておられたので、ご自身での弁護士費用の負担なく解決することができました。

上肢(肩・肘・手首・手指)の最新記事

下肢(股関節、膝、足首、足指)の最新記事

PAGE TOP