後遺障害なし:賠償額62万円から92万円にアップした事例

男性(50代)
後遺障害なし、頚部捻挫、胸部打撲

【解決】

信号待ちで停車中、加害者側自動車に追突されたという交通事故です。
幸い、後 遺障害が残ることなく治癒されました。加害者側保険会社からの示談提示額62 万円(既払額32万円を含む額)が妥当かどうか、というご相談を受けました。 弁護士が検討したところ、一般的な裁判基準よりも低額でした。一般的に損害額 が比較的少ない場合、弁護士費用が問題となりますが、幸い、依頼者は弁護士費 用特約をつけておられたので、弁護士費用の心配がなく依頼をお受けすることに なりました。
弁護士による積極的な示談交渉の結局、当方の示談提示額どおりの 92万円(既払額を含む額)で示談がまとまり、無事解決となりました。

頚椎・腰椎の障害(頚椎捻挫、腰椎捻挫)の最新記事

PAGE TOP