後遺障害非該当:賠償額297万円から322万円にアップした事例

女性(40代)
後遺障害非該当、頚椎捻挫(むちうち)

【解決】

後遺障害等級認定は非該当となってしまった事案です。
加害者側保険会社の示談 提示は297万円(既払い額208万円を含む額)とするものでしたが、せめて 傷害部分だけでも相当な損害賠償を受けたい、というご相談を受けました。
弁護 士がご依頼を受け、積極的に示談交渉を行った結果、ほぼ当方の主張どおりの 322万円(既払い額を含む額)で示談がまとまり、無事解決となりました。
また、相談者は、幸い弁護士費用特約をつけておられたので、ご自身での弁護士費 用の負担はありませんでした。

むちうちの最新記事

頚椎・腰椎の障害(頚椎捻挫、腰椎捻挫)の最新記事

PAGE TOP