後遺障害14級:賠償額422万円を獲得した事例

男性(60代)
後遺障害14級:頚椎痛

【解決】

被害者側自動車が交差点を左折しようとしていたところ、加害者側自動車に後方 から衝突されたという事故です。
当初、加害者側損害保険会社は、逸失利益を3 年と主張してきましたが、交渉の結果、裁判基準どおり5年分で示談がまとま り、当方の主張内容どおりの約422万円(既払額を含む額)の支払いを受ける ことができました。

12級〜14級の最新記事

頚椎・腰椎の障害(頚椎捻挫、腰椎捻挫)の最新記事

PAGE TOP