後遺障害14級:賠償額128万円を獲得した事例

男性(40代)
後遺障害14級:頚椎捻挫、頚部捻挫(むちうち)

【解決】

加害者側が自動車、被害者側が自動二輪車での衝突事故事故です。後遺障害等級 認定が非該当となり、経済的事情で、傷害部分のみ先行して示談を済ませ、賠償 金を受領しました。
その後、異議申立の結果、後遺障害14級が認定されたた め、改めて後遺障害部分の示談交渉を行ったという事案です。
弁護士が示談交渉 を行い、ほぼ裁判基準どおりの128万円(自賠責後遺障害分を含み、既払額と 過失相殺分1割を除いた額)で無事に示談がまとまり解決しました。

12級〜14級の最新記事

むちうちの最新記事

頚椎・腰椎の障害(頚椎捻挫、腰椎捻挫)の最新記事

PAGE TOP