後遺障害非該当:賠償額が60万円から90万円にアップした事例

男性(40代)
後遺障害非該当、頚椎捻挫、腰椎捻挫(むちうち)

【解決】

加害者側が自動車、被害者側が自動二輪車での衝突事故事故です。治療は終わったのですが、残念なことに後遺障害等級認定が非該当となってしまった事案です。当初、依頼者は、ご自身で加害者側保険会社と示談交渉を行っていました。
しかし、加害者側保険会社の示談提示が60万円(既払い金と、過失相殺分1割を除いた額)とするものでした。弁護士がご依頼を受け、積極的に示談交渉を行い、当初の示談提示額の1.5倍にあたる90万円(既払額と、過失相殺分1割をを除いた額)で示談がまとまり、2カ月足らずで無事解決となりました。

頚椎・腰椎の障害(頚椎捻挫、腰椎捻挫)の最新記事

PAGE TOP