後遺障害非該当:賠償額が67万円から138万円にアップした事例

女性(40代)
後遺障害非該当、肋骨骨折、腰椎横突起骨折

【解決】

見通しの悪い交差点を、加害者側が前方をよく確認せず右折しようとしたため、自転車で交差点を横断していた被害者に衝突したという事故です。治療の結果、幸い、後遺障害は残りませんでしたので、依頼者がご自身で加害者側保険会社と示談交渉を行っていました。
しかし、加害者側保険会社が弁護士に依頼してしまい、その弁護士の対応が納得できないとのことで、ご相談がありました。弁護士費用特約に加入いただいていたため、ご自身の費用の負担がなく、示談交渉を受任することになりました。
加害者側弁護士の示談提示は67万円(既払い金を除いた額)とするものでしたが、裁判基準をもとに積極的に示談交渉を行い、その結果、裁判基準どおりの約138万円(既払額を除いた額)で示談がまとまり、無事解決となりました。

頚椎・腰椎の障害(頚椎捻挫、腰椎捻挫)の最新記事

PAGE TOP