後遺障害12級:賠償額が345万円から1050万円にアップした事例

女性(60代)
後遺障害12級10号:右環指中節粉砕骨折による右環指機能障害

1.事故発生

橋本市在住の女性が原付を運転していたところ、後ろから無理な追越をしようとした加害者運転のトラックに接触され、転倒しました。依頼者は、右環指中節粉砕骨折等の傷害を受け、12級10号の後遺障害が残りました。

2.相談・依頼のきっかけ

依頼者は、相手方保険会社から約345万円(既払い金を除く)示談提案を受けましたが、少なすぎるのではないかと考え、当事務所に相談されました。

3.当事務所の活動

当事務所は、裁判基準に基づく適正な損害賠償を得られるよう、相手方保険会社と示談交渉を行いました。

4.当事務所が関与した結果

依頼者は裁判までは希望しないとのことでしたので、裁判基準よりやや低額ですが、賠償金約1050万円(既払い金を除く)とする示談がまとまりました。

5.解決のポイント(所感)

被害者後本人が示談交渉する場合、損害保険会社の示談提示額は裁判基準よりかなり低額になることが多いのですが、特に、後遺障害が重い場合にはこの傾向が強いようです。後遺障害が重い場合には、ぜひ、示談前に弁護士にご相談下さい。

12級〜14級の最新記事

上肢(肩・肘・手首・手指)の最新記事

PAGE TOP