後遺障害8級相当:脊柱の変形障害で賠償額3662万円を獲得した事例

187610男性(40代)
後遺障害8級相当:脊柱の変形障害

1.事故発生

40代の男性会社員が、自転車で路側帯を走行中、同一方向で後ろから進行してきた自動車が、前方自動車の左側から無謀な追越をしようとして、路側帯の自転車に追突しました。その結果、男性は、胸椎圧迫骨折となり、脊柱に変形障害が残り、8級相当の認定を受けました。

2.相談・依頼のきっかけ

損害賠償請求するなら弁護士に相談した方がよいと周囲に勧められ、当事務所でご相談され、受任することになりました。

3.当事務所の活動

まずは示談交渉を裁判基準で合理的に考えられる損害額を計算し、相手方損害保険会社に請求しました。

4.当事務所が関与した結果

その結果、当方の損害額の計算内容が合理的なものであることを、相手方損害保険会社に理解いただくことができ、裁判基準どおりの約3662万円(既払額を合わせると約5285万円)の損害額で和解し、無事解決できました。ご依頼いただいてから2ヶ月という短期間での、スピード解決でした。  

5.解決のポイント(所感)

脊柱の変形障害は、労働能力喪失率など逸失利益額を争われることが多い後遺障害類型の一つです。にもかかわらず、この件で無事に示談解決できたのは、決してふっかけることなく、合理的に考えられる裁判基準の損害額を請求したのがポイントだったのかもしれません。ただ、このあたりは損害保険会社によって対応の分かれるところですので、いつでも示談で解決できるものではありません。しかも、このような高額案件で2ヶ月というスピード解決ができたのは、かなりレアケースといえます。

1級〜8級の最新記事

脊髄障害(脊髄損傷)の最新記事

PAGE TOP