後遺障害14級:賠償額426万円を獲得した事例

女性(40代)
後遺障害14級:頚椎捻挫、腰椎捻挫(むちうち)

1.事故発生  

40代の兼業主婦が、軽自動車を運転して直線道路を進行中、対向してきた加害者運転の自動車がセンターラインオーバーし、衝突されました。その結果、女性は、頚椎挫傷、腰椎捻挫等の傷害を受け、頚椎捻と挫腰椎捻挫の後遺障害が残り、併合14級の認定を受けました。

2.相談・依頼のきっかけ

人に勧められて、当事務所で相談をし、受任することになりました。

3.当事務所の活動

裁判基準で損害額を計算し、相手方損害保険会社に請求しました。
ところが、相手方損害保険会社は、被害者に右肩関節周囲炎の既往症があるなどと主張し、相当程度減額されるべきだと主張して、かなり低額の示談提案をしてきました。
これに対し、被害者側の既往症は今回の後遺障害とは無関係でしたので、損害保険会社側の主張は認められないと反論し、粘り強く交渉しました。

4.当事務所が関与した結果

弁護士受任から4ヶ月程度の時間はかかりましたが、結果的には、裁判基準に近い約426万円(既払額を含む額)の支払いを受けることで和解できました。

5.解決のポイント(所感)

相手方損害保険会社からの既往症減額の主張には、びっくりしました。損害保険会社によっては、無理やり理屈をつけて減額主張してくることがあるので、惑わされないよう注意する必要があります。

12級〜14級の最新記事

むちうちの最新記事

頚椎・腰椎の障害(頚椎捻挫、腰椎捻挫)の最新記事

PAGE TOP