交通事故の保証は、保険会社の提示額より弁護士に依頼した方が金額が高くなることが多いです。適正な賠償金を受け取れるよう、親身にサポートいたします。
弁護士紹介
交通事故被害者救済を第一に考え、相談料0円、着手金0円です!また、弁護士費用は完全後払いです 弁護士費用についてはこちら
こんなに違う!賠償金

むちうちの賠償金増額事案

保険会社提示額⇒200万円
弁護士が交渉後⇒520万円

保険会社が提示した金額が妥当かどうか聞きたいとご相談いただいた件でした。検討した結果、後遺障害の内容に比べて低額でしたので、弁護士が交渉したところ、320万円の増額ができました。賠償額の妥当性について示談する前に弁護士にご相談ください。

当事務所の代表的な解決事例

当事務所の弁護士が解決した賠償金が増額した代表的な事例をご紹介させていただきます。事例のタイトルをクリックすると該当ページに飛びます。

併合11級:賠償額が764万円から2236万円へアップした事例(改訂)kaiketsu001
後遺障害併合11級:足関節の機能障害・醜状障害。
当初の後遺障害12級認定を異議申立により併合11級とし、賠償額が381万円から872万円にアップした事例kaiketsu002
併合11級:肩関節の可動域制限・肋骨の変形で、賠償額344万円から731万円にアップした事例kaiketsu003
後遺障害14級:頚部捻挫(むちうち)で賠償額281万円から577万円へアップした事例kaiketsu004
死亡事故:賠償額が6334万円から1億1221万円へアップした事例(改訂)kaiketsu005

201807_bnr_hikaku

弁護士比較サイトのご利用にはご注意ください。弁護士比較サイト(ポータルサイト)で上位表示されている弁護士が交通事故分野で実績豊富な弁護士とは限りません。弁護士比較サイト(ポータルサイト)の仕組みについてご解説いたします。

詳しくはこちら>>

各部位ボタンをクリックすると、それぞれの解決事例をご確認いただけます。

和歌山で交通事故被害に遭われた方へ ~代表メッセージ~

和歌山 交通事故 弁護士

田邊和喜法律事務所

代表 田邊和喜

 

和歌山で交通事故に遭われた被害者やご家族は、大変な思いをされていることでしょう。
お怪我の治療はもちろんですし、警察への対応や、保険会社との交渉、会社や周囲への説明など、やらなければならないことが沢山ありますが、初めてのことで戸惑っておられることと思います。

また、治療費の支払や当面の生活費の確保、今後の生活や将来の賠償交渉など、精神的にも経済的にも様々な心配を抱えておられるのではないでしょうか。

万一、後遺症状が残ったときには、症状に見合った後遺障害の認定を受ける必要がありますし、交通事故によって受けた被害は、きちんと賠償してもらう必要がありますが、被害者やご家族だけで対応するのは、不安も大きいことでしょう。

交通事故被害で弁護士がお手伝いできる場面は多いです。当事務所では、事故直後からのご相談もお受けして、交通事故の被害者やご家族の方に対するサポートを行っています。また、当事務所では、後遺障害の認定申請のほか、保険会社との示談交渉や、賠償を求める裁判まで、交通事故被害の回復に積極的に取り組んでいます。実際に、これまで和歌山市内の交通事故の被害者やご家族から、和歌山県内ばかりか大阪府南部地域の方々まで、沢山のご相談やご依頼をお受けしております。

和歌山にいらっしゃらなくともどうぞお気軽にご相談ください。

弁護士田邊和喜の詳しい紹介はこちら>>

 

お客様の声

田邊先生にお願いして本当に良かったです。。。
和歌山 交通事故 弁護士
 
平成26年8月4日交通事故にあい田邊先生のHPを約200回程度目を通しました。いつか先生にお願いしようと思っていました。交通事故及び損害保険会社とはどういうものであるか、体験しよく分かりました。自分1人では到底保険会社と交渉するのは限度があり、無理であると感じました。田邊先生にお願いして本当に良かったと思います。これで私も気持ち的にはすっきりし私も少しづつ社会復帰できると思いました。本当にありがとうございました。
これからも何かあったらお願いしようと思います。

和歌山 交通事故 弁護士

交通事故に遭い精神的にも肉体的にもつらい思いをしました。相手側の保険会社に言われるがままだと自分的にも納得がいかないと思い田邊先生にお願いしました。とても気さくで話やすく弁護士さんのイメージが変わりました。話もスムーズに解決し相談して本当に良かったと思いましたし、これからも何かあったらお願いしようと思います。

田邊先生には感謝の気持ちでいっぱいです。

和歌山 交通事故 弁護士

インターネットの無料相談会で初めて田邊先生にお会いいたしました。事故から8ヶ月くらい経過していたことです。初対面の時から一貫して柔らかい物腰で、しかも親身になって相談にのってくださりました。しかも、その時、その時の状況に応じて、実に的確なアドバイスをしてくれました(すべて無料相談でした)。そして裁判をするかどうかという時点になりました、私自身は「裁判までは…」と思っておりましたが、「今回の件については、私に任せてみてください。全力で取り組みますから」とおっしゃってくださり、裁判の決心をしました。結果は先生のおかげで、予想を大きく超える補償をしてくれることとなりました。田邊先生には感謝の気持ちでいっぱいです。本当にお世話になり、ありがとうございました。

お客様の声

和歌山で交通事故のことなら田邊和喜法律事務所までお気軽にご相談下さい 073-433-0027

交通事故最新事例・トピックスはこちら

事故発生から解決までの流れ

事故で怪我をされた場合、できるだけ早く弁護士にご相談ください。

詳しくはこちら
  1. 事故発生
  2. 症状固定
  3. 等級認定手続き
  4. 等級認定
  5. 示談案の提示
  6. 示談交渉・提訴
  7. 解決
通院・治療 症状固定前(事故直後)サポート

交通事故に遭ったら、まず、警察に通報してください。
また、加害者の名前・住所・連絡先・車のナンバーをメモしておきましょう。

等級認定 等級認定適正化サポート

等級認定、保険会社からの賠償額に納得できない場合はもちろん、これくらいかなあと思われる場合でも、弁護士にご相談されることをおススメします。

2015年10月26日産経新聞に掲載されました

和歌山弁護士会の連載記事で交通事故分野を担当し、産経新聞に掲載されましたのでご紹介します。

2015年10月26日産経新聞に掲載されました

和歌山の交通事故被害者の方へ向けた代表メッセージ動画

 

和歌山の交通事故について

  交通事故発生件数 死者数 負傷者数
全国(2017年) 472,165 3,694 580,847
和歌山(2017年) 3,197 38 2,591
和歌山(2016年) 3,528 40 2,914

(参照元:平成29年警察白書 統計資料、和歌山県警察 和歌山県下の交通事故 )

 2017年の和歌山の交通事故の発生件数は3,197件です。全国で40番目と交通事故が多くない地域であり、和歌山の全国における交通事故発生件数の割合は0.68%です。また、2017年の和歌山での交通事故発生件数と2016年の和歌山での交通事故発生件数を比較すると9.94%減少しております。

 また、2017年の和歌山の交通事故での死亡件数は38件であり、全国で40番目となっております。交通事故の全国での発生件数の割合と比較すると高く1.02%となっております。また、2017年は2016年の和歌山での交通事故による死亡者数から2人減少しております。和歌山内での死亡件数の被害者の年齢層ですが、高齢者が一番多く全体の45%となっており、前年の51.2%から15.5%増加しております。

 和歌山内の交通事故の死亡事故の状態別としては自動車では65%、原付きを含む二輪車では18%、自転車では10%、歩行者では7%となっています。

 全国的にみれば、和歌山の死亡事故件数は多くないようです。とはいえ、死亡事故は、被害者はもちろん、残されている遺族にとっても大変なことです。このような悲しい交通死亡事故が早く和歌山からゼロになるよう願っております。

 

PAGE TOP